スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メモ/ポイント

Antutuテスト結果からの方向性

Antutuテストで分かったこと
①同じスマホ個体だからといって同じ測定値が出るわけではない(個体の気分?)
②ロムによって測定値に違いが出る
③自分の受けた感触ではAndroidバージョンよりKernelバージョンで測定値の影響が出る

Kernelバージョン別の測定結果まとめ
・2.6.35.7-****(gs02純正環境)→9000前後
・3.0.101-****(Kitkatロム)→11000前後
・3.4.???-****(lollipopロム)→9300前後

少なくとも gs02純正環境よりかは他のカスタムロムにした方が良さそうである。

あとは、どのロムにするかは好みや気分で決めることになる。
↓判断材料?
[ lollipopロム ]
・受信wifi、wifiテザリングOK。使える。
・Kernelが原因?画面が5秒で暗くなる。設定で回避。
・下のボタン4つ、点かない。
・ホームボタン、メニューボタンが逆になっている
・Kitkatで使えるアプリが使えないものがある(Spiritラジオアプリ)
・バンド404020を掴むためのロム加工が必要(libcm.so移植)

[ Kitkatロム ]
・受信wifi不安定。
・wifiテザリングNG。しかし専用アプリで運用可。wifiテザ出来る
・Webブラウザで写真表示がうまくされない
・アプリのバージョンが最新だと使えないものがある。
・バンド404020を掴むためのロム加工が必要(libcm.so移植)

もう、
カスタムロムの加工は必要である。
使うアプリは吟味した方が良いと思う。バージョンとか。
たとえば
ナビとかYoutubeアプリのバージョン吟味(パフォーマンス)して
その状態のままで使っていけばいい。バージョン固定で。
したがって、
「PlayStoreアプリ」は、ロムを加工する時点で削除する。
(コイツ自身、なぜか問題発生のメッセージを表示するし、ほかのアプリを勝手に更新してしまってgs02の動作が重くなる)
PlayStore削除することで更新によるアプリの操作・使い方が変わらないので安心だ。
あとは、もはや最新の凝ったゲームは、出来ないので入れない。

そして加工したロムをインストール。


多くを望まなければ、まだ使えるgs02。ただし電池の寿命と今後新しい電池が入手できるか心配。
スポンサーサイト

メモ/ポイント

計測値by Antutu(pacman)

「antutu-benchmark-5-2-multi-android.apk」を使ってテストしてみた。
cdma電波死んでるgs02を使用。
SIMカードなし。SDカードなし。Wifiなど無線関係OFF。
テスト環境:LP Alpha-1 Unofficial  android5.0.2
Kernel:3.4.106-pref

計測値
1回目:9273
2回目:9423
3回目:9407
4回目:9522
5回目:9465

平均値:9418.0

「Really tried」

-------------写真貼付け--------------
 lollipop_xda_1.png下から3行目のロム  pacman_rom.png

このromの画面
IMG_20161015_234455.jpg IMG_20161015_234532.jpg

1回目のテスト画面写真
IMG_20161015_235326.jpg IMG_20161015_235413.jpg IMG_20161015_235437.jpg  このロムはCPU周波数:1401MHz

2回目以降、写真省略。

メモ/ポイント

計測値by Antutu(BeanStalk)

「antutu-benchmark-5-2-multi-android.apk」を使ってテストしてみた。
cdma電波死んでるgs02を使用。
SIMカードなし。SDカードなし。Wifiなど無線関係OFF。
テスト環境:BeanStalk-5.0035-20150223-u8860  android5.0.2
Kernel:3.4.106-pref

計測値
1回目:9235
2回目:9311
3回目:9396
4回目:9393
5回目:9449

平均値:9356.8

「Really tried」

-------------写真貼付け--------------
lollipop_xda_1.png 下から4行目のロム
BeanStalk-5.0035-20150223-u8860.zip

このromの画面
IMG_20161015_224228.jpg IMG_20161015_224327.jpg

1回目のテスト画面写真
IMG_20161015_225431.jpg IMG_20161015_225500.jpg IMG_20161015_225537.jpg   このロムはCPU周波数:1401MHz


2回目以降、写真省略。

メモ/ポイント

計測値by Antutu(BlissPop)

「antutu-benchmark-5-2-multi-android.apk」を使ってテストしてみた。
cdma電波死んでるgs02を使用。
SIMカードなし。SDカードなし。Wifiなど無線関係OFF。
テスト環境:BlissPopバージョン2.0  android5.0.2
Kernel:3.4.106-pref

計測値
1回目:9046
2回目:8573
3回目:8085
4回目:7593
5回目:8406

平均値:8340.6

「Really tried」

測定値は悪いがこのロムの画面スクロールは非常に良い。
-------------写真貼付け--------------
BlissPop-v2.0-u8860-UNOFFICIAL-20150216-1648.zip

このromの画面
IMG_20161015_214810.jpg IMG_20161015_214900.jpg

1回目のテスト画面写真
IMG_20161015_215652.jpg IMG_20161015_215731.jpg IMG_20161015_215746.jpg  このロムはCPU周波数:1401MHz


2回目以降、写真省略。

メモ/ポイント

計測値by Antutu(cm12.1(404020版))

過去記事「いいROMみつけた・・・cm12.1(404020版)」のロムについて
「antutu-benchmark-5-2-multi-android.apk」を使ってテストしてみた。
cdma電波死んでるgs02を使用。
SIMカードなし。SDカードなし。Wifiなど無線関係OFF。
テスト環境:cm12.1(CyanogenModバージョン:12-1-20160114-UNOFFICIAL-LegacyHuawei-u8860)android5.1.1
Kernel:3.4.0-pref-ge620087-dirty

計測値
1回目:9229
2回目:9489
3回目:9451
4回目:9302
5回目:9466

平均値:9387.4

「Really tried」
このROMはCPU freqが始めから1.8GHz設定になっている。それなのにこの測定結果。
-------------写真貼付け--------------
このromの画面
IMG_20161015_185854.jpg IMG_20161015_190004.jpg IMG_20161015_190109.jpg


1回目のテスト画面写真
IMG_20161015_190859.jpg IMG_20161015_190950.jpg IMG_20161015_191012.jpg CPU周波数:1804MHz


2回目以降、写真省略。

フリーエリア
中古価格 ・・・ 【 ↓店名クリックするとHPへジャンプ 】
検索フォーム
リンク
FC2カウンター
フリーエリア
Amazon価格 ・・・・・ 【 ご参考:昔こういう価格だった 】

新品 EMOBILE GS02 by Huawei ホワイト(ピンク) 白ロム

新品価格
¥21,800から
(2012/8/5 20:45時点)

↑この価格のものは売切れの模様(20130215) ↑新品38400円、中古19800円在庫あり(20130215) ↑「現在在庫切れです」の表示でる(20130511追記)

Page Top
Powered by FC2 Blog | まとめ | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。